グランデ・アメージングアカデミー山梨
アカデミーの概要

アカデミーの概要

グランデ・アメージングアカデミー山梨は、現在山梨県リーグ1部に所属する街クラブであり、U-15およびU-13チームで構成されています。2018年度は自宅から通っている3年生(20名)、2年生(15名)、1年生(7名)の選手のみで構成されております。

過去から2018年までのクラブ詳細はこちら
http://yatsugatake.football.ne.jp/2018/jryouth/index.html

 

2018年状況

代表兼監督:田畑雅宏

所在地:山梨県北杜市小淵沢町

所属リーグ:山梨県U-15ユースAリーグ、 山梨県U-13リーグ

スタッフ:  村田修一、羽生田信久、萩野由貴

2019年度からの展開について

当クラブは、2018年に株式会社Amazing Sports Lab Japanと提携し、欧州最先端の指導メソッドを展開するエコノメソッドバルセロナリサーチ&ディベロップメント社(旧サッカーサービス社)からスペイン人コーチを招聘することとなりました。当クラブでは、2019年以降、常駐するスペイン人コーチと共にエコノメソッドをベースに強化をはかります。また、通いの選手だけではなく、選手寮を完備し、全国のトップ選手が集うジュニアユース選手の育成機関としてスタートしたします。

エコノメソッドとは

エコノメソッドとは、ギリシャ語で”考える”という意味で、 エコノメソッドバルセロナリサーチ&ディベロップメント社が開発したメソッドです。エコノメソッド社は、スペインサッカーにおいて10年以上にわたり、脳の発達段階に応じてどのようなトレーニングをしていくと、インテリジェンスが高い選手が生まれていくのかということを研究してきた3名によって設立されました。その3名とは、ジョアン・ビラ(現FCバルセロナメソッド部門責任者)、カルラス・ロマゴサ(現パリサンジェルマン育成ダイレクター)、ダビッドエルナンデス(現パリサンジェルマン・メソッド部門責任者)という3名であり、会社設立以降、 エリート選手、プロサッカークラブ、そして国の代表レベルとの研究と活動経験を経て、プロサッカーでは他に類を見ない専門知識と包括的な手法を用いた指導法を確立してきました。

クライアント例)
カタルーニャサッカー協会(2008-2010)、パチューカCF(2011-2016)、日本サッカー協会(2013-2015)、タイサッカー協会(2017-現在)、フィンランドハイパフォーマンスセンター(2009-現在)、パリ・サンジェルマン(2015-現在)

現在はカリキュラムや指導プログラムの作成、技術的な指導の提供、選手・チームの評価や課題解決のための分析、そしてタレントの発掘、発達段階におけるあらゆる面でのサポートをしています。さらに各サッカー連盟、協会、クラブ、コーチにもアドバイスする立場にあり、スペインにおける指導者ライセンスレベル1・2・3を認定することを許可されています。(日本のB級・A級・S級ライセンスに相当)

エコノメソッドに基づくトレーニングについては、国内9校を展開しているサッカーサービス・エコノメソッドスクールのホームページを参照ください。

学校について

小渕沢中学校

当アカデミーの学区にある北杜市立小淵沢中学校に通学し、学校生活を送ります。

山梨県北杜市小淵沢町732番地

1年生:37人2年生:57人、3年生:43人、特別支援学級:2人(内数)

*給食制度あり *自転車通学可

選手寮について

グランデ・アメージングアカデミー山梨は、アカデミー選手専用の寮を完備、サッカーに集中して取り組める環境を提供します。以下の写真は現在準備中の寮ですが、この状態からリノベーションいたします。
*トイレ完全洋式化、24時間風呂、洗濯機設置、厨房完全入れ替え、自転車置き場設置、外壁工事など。

寮には寮長が常駐し、子供たちの生活を支えていきます。また当クラブ代表の田畑が教育係として選手の日々の成長のため、年間を通して関わっていきます。食事については、朝食、夕食はもちろんのこと、学校で給食のない日の昼食を提供いたします。料理の内容はアスリート専門の栄養士の監修の元、成長期の子供たちが最も効率よく栄養を摂取できる体制をとります。

外観
食堂
寮生部屋
大浴場
サロン
厨房

トレーニング日数について

U-13、U-15チームとも週3回トレーニングを行います。土日はスケジュールにもよりますが、試合となっています。トレーニンググラウンドは人工芝グラウンドとなっています。チームでのトレーニングがない日の自主練習も行うことが可能です。

勉強サポートについて

グラウンドの都合上、トレーニングが18時もしくは18時半から開始されます。そのため、学校終業からトレーニング開始までの2時間程度、寮において学業サポートを行う予定です。

費用について

グランデ・アメージングアカデミー山梨の活動には、入学金(初年度のみ)および毎月の活動費がかかります。

    入校初年度 2年目以降
入学手続金 通い生徒 180,000円  -
寄宿生徒  180,000円
寮費  通い生徒
寄宿生徒 月額100,000円 月額90,000円
活動費  通い生徒 月額35,000円 月額35,000円
寄宿生徒 月額35,000円 月額35,000円
合計(年間) 通い生徒 600,000円 420,000円
寄宿生徒 1800,000円 1500,000円

 

寮費に含まれる費用
○住居費、食費(朝・夜及び中学校で給食がない日の昼食)、水道光熱費
○共用エリアの消耗品全般
○学力サポート
○常駐寮長による管理

活動費に含まれる費用
○スペイン人コーチによる指導、日本人コーチによる指導
○バルセロナエコノプロジェクトマネジメントチームによるメソッドの提供
○所属チームにかかわる費用
○スポーツ保険費用
○Amazing Sports Lab Japan社によるトータルサポート

活動費に含まれない費用
○チーム活動に関わる練習、試合、遠征試合等にかかる交通費、宿泊費、食費(寮生の弁当は除外)
○学校に関わる費用(制服、学用品、給食費、教材費等)
○帰省に関わる費用
○トレー
ニング用品

 

人間形成の取り組み

① 農業体験/米作り等
② 縄文文化の勉強/土偶作り等
③ 陶芸
④ 絵画
⑤ スキー
⑥ 老人ホーム、痴呆症施設等訪問

その他、地域貢献活動に積極的に参加していきます。

外部パートナー

グランデ・アメージングアカデミー山梨は外部パートナーと提携し、アカデミーに所属する選手を様々な角度からサポートします。

鬼木祐輔

サッカー日本代表 長友佑都専属トレーナー

フットボールスタイリストとして、【鍛える】のではなく【引き出す】フィジカルトレーニングをテーマに幅広い年代の選手をサポート。

著書『重心移動だけでサッカーは10倍上手くなる』(KKロングセラーズ)

柘植陽一郎

メンタルコーチ

1968年生まれ。メンタルスキル指導とは一線を画す「メンタルコーチング」を用いて、2008年北京五輪・2012年ロンドン五輪で金メダリストや指導者をサポート。2011年~2014年までの3年間、ソチ五輪で3つのメダルを獲得したスノーボードナショナルチームを、2016年リオ五輪で48年ぶりの4位入賞を果たした女子体操では、コーチと選手をサポート。その他ラグビートップリーグチームやサッカー日本代表選手、プロ野球など、プロ・オリンピック代表から部活動まで様々な世代・競技を幅広くサポートする。日本と韓国においてスポーツメンタルコーチ養成講座を開講。

石井俊久

八ヶ岳コンディショニングサポート石井整骨院院長 柔道整復師

浦和実業高校、大東文化大学、小西六写真工業(現在のコニカ)にて陸上長距離選手として活躍 ※大学時代は箱根駅伝第59回7区、61回5区、62回5区と3回ランナーとして活躍。

急性のケガ、慢性的な痛み、リラクゼーションに対応整骨院。柔道整復師・あんまマッサージ師・鍼灸師、それぞれの資格を持ったスタッフが皆様の要望に応えられるよう日々努力しています。院内にはトレーニングジムを備え、ケガの復帰の為の機能回復運動や競技の補強、当院で施術を受けたオリンピック選手も高く評価。

http://ycs.fujimi-net.com/

梶原宏海

コアトレーニングスタジオGROW代表

中学アルペンスキー全国中学生大会出場、山梨学院大学附属高等学校入学 アルペンスキー部国体、全日本選手権出場種目スラロームで山梨県1位

山梨学院大学商学部商学科入学 体育会スキー部(五竜シリーズ総合優勝等)
大学4年で前十字靭帯断裂引退

月2回、選手達のストレッチ指導(特に股関節の可動域)、柔軟性、体幹強化、アジリティ(ステップワーク)等年間を通じてプログラム化して行っていきます。

http://grow-training.net/

進路について

以下の進路についてはあくまでも2017年シーズン終了時での進路例です。今後はASLJ社とのコネクションも利用し、さらに選択肢が広がるように取り組んでいきます。

ヴァンフォーレ甲府ユース山梨学院大学付属、帝京第三、日本航空、 韮崎、北杜、甲府東、甲府工業、韮崎工業、駿台甲府、東海甲府 静岡学園、帝京、流通経済大学付属柏、前橋育英、暁星国際、藤枝東 東海諏訪、松商学園、都市大塩尻、創造学園、諏訪清陵、松本県ヶ丘 他

TOP